㈱緑豆製作所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

短歌BOT@asimox330まとめ【川柳・詩】

こんなものも書いてましたね。もう恥ずかしいですね。

もし引用なさる場合は作者名とコピペとトラバ、お願いいたします。

<短歌BOT@asimox330>【川柳・詩】

≪川柳≫
月を見る孫のかおこそ面白き

ねぇ見てる?私の瞳に映る月

藤の花散るちる満ちる莢になる

藤の杖紅葉にはまだはやかりき

≪一行詩≫ 
あぁ帰りたいのね、海の水も。今日はこんなにお里が、近いんだもの。

夏のねっとりとした光景は一つの絵のようである。灯を消した部屋で一人、そう想うこそ贅沢で取り残された寂しさはない。ただ、輝く友をみていた。

つぶやくように赤い花 ためいきのように黒い猫 春の真昼に照らされちまって 誰も影だけ青白い 
 
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。